オリジナルビールをつくって乾杯しよう 仕込み編その2

オトナリオリジナルビールの仕込み作業の続きです。

オリジナルビールをつくって乾杯しよう 仕込み編その1

2016.04.25

レシピ作成

  • 基本はホワイトエール
  • アルコール度数は6%
  • オレンジピールやスパイスを多めにて香り高い
  • 女性も、ビールが苦手な人も飲みやすいように、ちょっと苦さを抑えた がオトナリビールのイメージです。
オトナリビール手書きでレシピ

これを木内酒造のスタッフさんに伝えると、手書きでレシピを作ってくれます。

「この麦芽美味しい!!」って全員一致したCRYSTALも入れちゃいました。(これがこの後影響してきます)

これは麦芽の配合です。このメモをもとにオリジナルビールの麦芽を計量していきます。

麦芽の計量

麦芽計量2 CRYSTAL

CRYSTAL WHEATを少々。

麦芽計量1

2-ROWをざざっーーーーと。WHEAT MALTをざっと。

麦芽の粉砕

計量したものを「粉砕」します。粉砕機の注意書きがドイツ語表記でちょっとかっこいい。

粉砕機

粉砕の様子を見ようとしたけど、あっという間だったのでよく見れませんでした。

粉砕した麦芽

粉砕した麦芽がこれです。粉砕する前よりも香りが強くなりました。これを持って釜がある場所へ移動します。

釜入れと温度調整 55度に

これがオトナリビールの原料が入る釜です。4番!!4号機!!

オトナリビール釜4号機 釜に入れるところ
R0021187
R0021189
R0021190

釜に入れた麦芽をただ混ぜるだけなのに、楽しくてニヤニヤしてますが、本人たちは真剣です。

循環

次は循環という作業。釜の下から麦汁を出し、それをまた釜の上から投入します。これを3回。

R0021192

糖化

麦芽のでんぷんを糖に変える糖化。麦汁をひたすら撹拌しつつ、麦汁を糖化に適した温度まで温度上昇させます。65度くらいがいいようです。

R0021198

65度まで温度を上昇させたら保温して40分間待ちます。この間に酵素の働きででんぷん質が糖に変わるそうです。

副原料の配合

オトナリビールの副原料たち

オトナリビールに入れるのはこちらです。手前の豆みたいなのがコリアンダー(多め)、右の大きなボウルにナツメグ(少し)オレンジピール(だいぶ多め)、そしてホップはチヌークアマリロ

狙った味に近づくように副原料の分量を決めていたら、糖化が終わる目安の40分。アラームが鳴りました。

糖化テスト

でんぷん質が残っていると糖化不良となるんですが、判定は懐かしのヨウ素液を使ってテストします。循環作業をした後の麦汁をコップにとって白色の器に移します。ヨウ素液を垂らして紫色になったらでんぷん質が残っているということ。ちょっと緊張しますね。左は糖化させる前の麦汁、右がオトナリビールの麦汁。ちゃんと糖化できたでしょうか?

糖化テスト

よし!無事に糖化完了です。この糖分はビール酵母のエサになるそうです。

まだまだ終わらないので本日分はここまで!!

オトナリオリジナルビールは次のオトナリatたちかわの会場で飲めますよ。日程などは下の記事でチェックしてください。

希代のアーティストが立川に!6月のアーティストは宮内優里!

2016.04.22

またいつもの場所で会いましょう!2周年を迎えるオトナリ13は6月1日。

2016.04.21

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう